SF800SB フェールセーフ設定

SF800SBはよくドローンレーサーマシンに利用される小型S.BUS専用受信器ですが,もしものノーコンのときにフェールセーフ(以下:FS)を設定しておかないと暴走してしまうので設定することをお奨めします。

送信機とFS800SBをバインドしたら,次の流れで実施します。

1,送信機の電源をONにして,エンコンスティックを最下部(またはFS希望の位置)にします。

2,SF800SBのF/S(バインドボタン)ボタンを押したまま電源を投入して5秒以上
10秒未満でボタンを離せば設定完了です。

SF800

X73赤色(クリスマスバージョン)新入荷

X73赤色(クリスマスバージョン)新入荷しました,いくつかの更なる改良を行います,FPVレースのマシンの基礎が全て入っています。
5.8G申請に必要な書類も同封,日本語マニュアルで付きです。 FUTABA製 S-FHSS互換受信器搭載済みで,FUTABAプロポが使えます。(海外販売品は対応不可)
X73-R

中古18MZ

中古18MZ目立った箇所は全て修理交換済みの出物です。アルミ専用ケース マニュアル等の付属品込み ¥90,000(税別)

ご興味のある方はご連絡下さい。 早い者勝ちです。(11/19現在 完売となりました。)

IMG_3305IMG_3306

Flight Controllerの選び方

世の中 Flight Controllerが多品種になり、何が違うのか?製品の価格差は何故有るのか?自分の製品はどの系列なのか?疑問を簡単にまとめて見ました、今後の製品購入の参考にして下さい。

Flight ControllerのF1とF3の違いは?

Flight ControllerのF1とF3の違いは,F1とF3では、CPUスピードは72MHzと同等ですが、F3は小数点計算を数値演算の計算をより早くできるという特徴があり、姿勢制御のレスポンスに影響します。

F1 Flight Controller
項目 Rev5 Rev6 Rev6a
CPU(プロセッサー) STM32F103CB STM32F103CBT6 STM32F103CBT6
Frequency(周波数) 72MHz 72MHz 72MHz
BARO(気圧) - - -
ACCE/GYRO(加速度計/ジャイロ) MPU6050 MPU6500 MPU6500
MAG(コンパス) - - -
OSD Integrated Integrated Integrated
BLHeli 対応 未対応 対応
CPU+GYRO通信規格 I2C I2C I2C
F3 Flight Controller
項目 ACRO(6 DOF version) Deluxe(10 DOF version)
CPU(プロセッサー) STM32F303CCT6 STM32F303CCT6
Frequency(周波数) 72MHz inc FPU 72MHz inc FPU
BARO(気圧) - MS5611
ACCE/GYRO(加速度計/ジャイロ) MPU6050 MPU6050
MAG(コンパス) - HMC5883
OSD Integrated Integrated
BLHeli 対応(自動ESCの検出に問題があります) 対応(自動ESCの検出に問題があります)
CPU+GYRO通信規格 I2C I2C
F3 EVO Flight Controller
項目 ACRO(6 DOF version) Deluxe(10 DOF version)
CPU(プロセッサー) STM32F303CCT6 STM32F303CCT6
Frequency(周波数) 72MHz inc FPU 72MHz inc FPU
BARO(気圧) - BMP280
ACCE/GYRO(加速度計/ジャイロ) MPU9250 MPU9250
MAG(コンパス) - HMC5883
OSD Integrated Integrated
BLHeli 対応 対応
CPU+GYRO通信規格 SPI SPI
CC3D Flight Controller
項目 EVO(6 DOF version) REVOLUTION(10 DOF version)
CPU(プロセッサー) STM32F303CCT6 STM32F405RGT6
Frequency(周波数) 72MHz inc FPU 168MHz inc FPU
BARO(気圧) - MS5611
ACCE/GYRO(加速度計/ジャイロ) MPU6000 MPU6000
MAG(コンパス) - HMC5883L
OSD Integrated Integrated
BLHeli 対応(要シリアル接続) 対応(要シリアル接続)
CPU+GYRO通信規格 SPI SPI

専門用語
CPU:STM32(32bit) F1 (STM32F103CB)  CPU:STM32(32bit) F3 (STM32F303CCT6)
AMG=magenetometer(HMC5883L):コンパス
gyro+accelerometer(MPU60**):加速度計/ジャイロ
Barometer (MS5611 or BMP280):気圧計
BLHeli:ESCの制御を行うファームウェア
6 DOF version:コンパス+気圧計無し
10 DOF version:コンパス+気圧計付き
CPU+GYRO通信規格:
I2C:標準モードで100kHz 高速モードで400kHzまでクロック周波数を設定。Looptime=0.5KHz~2kHz

SPI:基本的に周波数の上限はなく、それぞれ適当に決めてやる必要があります。Looptime=0.5KHz~8KHz

DZ185cdi RED 限定バージョン本日入荷

DZ185cdi RED 限定バージョン本日入荷しました,ご希望の方はお早めに。

d185r

DZ185シリーズにスタイリッシュ&タフな限定バージョン。
メタリックレッドのヘッドカバー
レッドアルマイト処理されたレギュレター
クランクケースはバレル研磨で強度アップ。

DZ185cdi RED 取扱説明書/パーツリスト
DZ185 RED  取扱説明書/パーツリスト

  • 排気量:30.60cc
  • ボ ア:35.0 mm
  • ストローク:31.8mm
  • DZ 185cdi RED_M ¥99,000(税抜き価格)

Galactik-110BP・ARFキット補足

先日,入荷致しました,Galactik-110BP・ARFキットついてはご予約頂きました,お客様につきましては大変長らくお待たせしました,誠にすみませんでした。

Galactik-110BP・ARFキット組立に当たり,現在の組立説明書に欠落してる部分を随時追加報告して参ります。

1,付属パーツにつきまして,中国パーツのいくつかにサイズが合わない等のご連絡を頂いております,誠に申し訳けございません。全パーツを弊社側にて確認して梱包をお願いしておりませんので,付属パーツについての不具合はご購入者各自にてご利用なされるかご判断下さい。

2,GPを搭載時に付属のラジアルマウントを固定するにあたり,弊社側にて現在判明している所を画像にてお知らせ致します,組立時の参考になされて下さい。(更新は随時行います)

DSC00321DSC00316

大きめのCAPボルトワッシャー(別途ご用意下さい)にて付属のボルトで固定することをお勧めします。DSC00319