ラジコン用ブラシレスモーター基礎

最近、良く聞かれので、記載します、お役に立てば。

ラジコン用ブラシレスモーターにつて基礎的な用語について解説致します。
KV値とは
モーターの性能を示す係数でKV値と言う表記があります,KV値は電圧1Vでモーターが1分間に転回する回数を数値で表したものです。KV値の単位はRPM/Vで表します。(例)
PMBM-115 KV値380 Li-Po(6S)22.2Vでの回転数は,380×22.2V=8,436rpm/Vとなります。

実際には,この回転では回りません,モーター効率と言う物があります,モーターとアンプは電流を磁力に変えると同時に熱を発生します。
この熱損失とベアリング抵抗分を差し引いた力でプロペラが回転します。
実回転数/理論回転数値x100=モーター効率

ポール数とは
モーターのポール数とはトルクを発生する軸に巻いてある電磁石の数で表します。
通常,ラジコン用ブラシレスモーターの場合は、3極の倍数で表します,3極だと120度づつ電磁石が巻いてあるります。
6極だと60度・12極だと30度になり,28極だと12.8度なります。

アウトランナー型ブラシレスモーターの場合は、外から磁石数がわかる場合は、そのまま数えた磁石数がポール数となります。

T数(ターン)とは
モーターの中の銅線の巻き数の事で,Tをターンと呼びます。
一般的にターン数が大きくなれば、高トルク&低回転になり,ターン数が少なくなれば、低トルク&高回転になります。

ターン数とは、モーターの銅線の巻き数です、巻き数が少なければ、それだけ太い銅線を巻ける事になります。
電気は銅線の内部を通るのではなく、銅線の表面を流れて行きます,その為、太い銅線が方が大電流を一気に流せるため回転数が多くなります。
モーター内部のスペースは限られていますので太くすると巻き数が少なくなります。
しかも銅線を太くすると銅線自体が曲がりにくく、銅線の密度も少なくなるので磁束密度が減り、パワーが少なくなります。
結果としてターン数が少ないモーター=低トルク&高回転モーターとなるわけです。

同じターン数でも、ダブル巻き等がありますが、これは銅線2本を束にして巻いてるモーターになります。
同じターン数より銅線が細くなりますが、2本巻くことによって、表面積は増えます。
それだけ多くの電気が流れる事になります。


モータータイミング(進角)数とは

ラジコン用ブラシレスモーター電磁石に流れる電流が大きくなると発生する磁力によりマグネットから発生する磁束がゆがめられてしまいます。磁束がゆがめられ てしまっているので本来電流を切り替えるべきタイミングにズレが生じてしまいます。この状態を「電機子反作用」といいます。
磁束がゆがめられている状態で、規定の電流切替タイミングにて電流を流すと、部分的にトルクがブレーキ方向に加わる瞬間があり、性能が低下します。進角調整はこのズレに対応し 修正するために行なわれます。進角調整を行なうと、電機子反作用によりずれていた中性点が修正され、最適なタイミングで電流が流れるため出力アップにつな がります。

PMBM設定BOXではタイミング調整が可能です。モーターによりタイミングが違いますのでモーターに合わせて下さい。
AUTO
Low 0-8 degree(度)
Mid 8-15 degree(度)
High 15-22 degree(度)
Very high 22-30 degree(度)