雨なので屋内で勉強

image

image

WordPress4.1にあげてスマートフォンから投稿テスト。うまくfacebook連携でいているかな?

image

第11回 富士ヒルクライムに出店&参加してきました。

出店するとスポンサー枠で1名無料でエントリーできるので、今年は私がエントリー。通常エントリー料は、1万円かかります。うーーん、時間換算にすると、王滝100KMのほうが、安く長時間楽しめるなぁ。

土日ともに暑かったです。日曜日は33度・・・・5合目からの下りは、防寒着いらず・・・

ヒルクライムですが、1合目までの登りで、心拍数があがらず、踏めません。王滝の疲れか?

もう完全にやる気なしモードになって、ただひたすら登るだけの作業をしてきました。

結局1時間57分で完走。足つきしなかっただけです。予定では1:45で登るはずが・・・

しかし、今回の目的は下りです。直前に組み上がった、今夏発売開始予定のディスクブレーキ対応のフレーム&ホイールセットのテストです。

下りは、ディスクブレーキのため、コーナーに突っ込めるので、気持ちいいです。
スポーク本数が多いのと、フレーム剛性のためか、よれや、変なバイブレーションはないです。人が多いので、60km/h以上は試せませんでしたが、下りの安心感は、すばらしいです。

IMG_3996 IMG_3999 P1000945 P1000949 P1000948

P1000940

はじめて、王滝レースに参加しました。体力・心肺能力・体重的(80kgオーバー)に、完走は厳しいかなぁと思いながら、良好な路面状況? で、無事完走しました。フレームは、当然SFIDA 650B MTBハードテール(17サイズ)+SFIDAチューブレス仕様ホイールで参加。タイヤ空 気圧1.8bar サスエア80psi まで落としたおかげで、登り・下りとも十分なグリップを得られて気持ちよく走行できました。個人的には、フルサスはいらないと思いました。

P1000894

P1000895 P1000916 P1000917

フロントバッグに、補給食を収納。その上に、ラミネート加工したコース図をかぶせて、雨対策をしました。泥よけも簡易タイプを自作で作成してタイラップで設置。

P1000896

リュックを背負うの嫌だったので、リアに、500mlボトルを2本とゴアテックス・レインコートと予備チューブ2本をくくりつけました。ボトルは、振動による落下を防ぐために、取り外しタイプのタイラップで設置。これで、リアの簡易泥よけにもなります。

P1000920

チェックポイントや、天然水もあるので、水の補給は頻繁にできます。メインボトル750ml + 予備飲料水500ml + 冷却&擦過傷時使用水500ml で十分対応できました。

P1000892

補給食は、BCAAパウダーとゼリー色と梅干しをメインに、適時ドーピング剤を使用。実際使ったのは2/3程度でした。

P1000906 P1000925 P1000928 P1000930 P1000937 P1000941

脚力は残っていましたが、心臓がオーバーヒート気味で、CP3後は、きつかったですが、景色を堪能しながら、ある程度余力を残して無事完走。9:05なり。まじめにタイム狙いで走行すれば7時間台はいけそうだが、120km挑戦権を獲得できる、7時間切りするにはSM的トレーニングしないと、あかんだろうなぁ。

しかし、1位は、4:28という異次元記録。いったいダウンヒルスピードはどのくらいなんだ?

来年は、ブース出展して、出走しようかなぁと考えています。

来週から帰省のため1ヶ月あえなくなります。

チャイナドレスも成長して着られなくなるので,最後に着させてみました。

mika-2014-05-21

 

5/25 王滝100kmのための,悪あがき第一弾?です。

SFIDA 650B MTBカーボン リム(30mmリム幅)を使用して,ホイールを組んでいます。せっかくの軽量カーボンリムですがチューブ仕様なので,やはりチューブの重さは気になります。

tn_IMG_3840
チューブだけで188g・・・両方で約400gです。シーラント液をいれても,200gの軽量化になります。
回転部で200gは,ニブイ私でも実感できるでしょう。

そこで,定番のチューブレス化を施しました。使用したのは,Notubes社
バルブ,リムテープ(25mm幅),シーラント液です。

カーボンクリンチャーリムに対して実施したWEB情報があまりないので,できるかどうか,わかりませんでした。まぁ,とりあえずやってみたら,できました。

tn_IMG_3836
まずは,工業用アルコールで,入念に脱脂します。指も脱脂しておきます。油分が残っているとリムテープが,しっかり貼れません。

tn_IMG_3837

NOTUBESリムテープを密着させるように貼っていきます。

tn_IMG_3844
貼り終えたら,バルブ部分に7mm程度のドリルを利用して穴を開けます。
tn_IMG_3838
バルブを取り付けて,タイヤを装着します。
tn_IMG_3842

バルブコアを外して,レザイン・ポンプで激しくポンピング,空気が入り,タイヤが膨らめば,O.K.他の人の情報をみると,石けん水を使う必要もあるみたいですが,使わなくてももビードが,のりました。

シーラント液を前輪100ml,後輪80mL入れて,バルブコアを再装着。再度,空気を入れて,完成。

tn_IMG_3841

tn_IMG_3843

使用タイヤは,前輪 KENDA NEVEGAL PRO 27.5X2.3 後輪 KENDA NEVEGAL PRO 27.5X2.1です。ほとんど液漏れなかったので,相性が良かったのかな?

 

筑波8時間耐久レース 2014 春 に参加してきました。5人チームで,1人につき20~30分走行して8時間走りきります。場所取りのため,朝2時30分起床なのが,つらい・・・しかも荷物は,電子レンジキットまで持ち込んでいるので重たい&量が多い。

先頭集団はストレートは45km/h を維持しているので,ついて行くのは至難です。

それでも何周かは集団に入れたので,楽しかったなぁ・・・

筋肉は残っていたが,心拍が限界。サイコンで190以上が何回かでていました。へたれだなぁ。

これで,王滝100km完走できるか心配?

tn_IMG_3801 tn_IMG_3802 tn_IMG_3803 tn_IMG_3815 tn_IMG_3824

 

 

ツール・ド・八ヶ岳2014に,出展・参加してきました。

3週間だけ,まじめに練習しましたが,83kgの体重では,1時間55分(距離25km,標高差1300m)で,登るのが,精一杯でした。しかし,寒かったなぁ・・・

tn_IMG_3754 tn_IMG_3756 tn_IMG_3759 tn_IMG_3760 tn_IMG_3765

5/27に嫁さんの中国・大連への里帰りのチケットをJALで予約。

赤ちゃん連れなので,バシネット席をリクエストして確保。JGC使えるなぁ。

嫁さんと子供は1ヶ月ほど,大連・実家に滞在。私は1泊2日で速攻で帰ってきます。

あとは,赤ちゃんの親族訪問ビザを取らんといかんなぁ・・・・

 

 

エントリーしました。台湾・タロコヒルクライム級の体制で臨まないと・・・

———————————以下引用。

http://www.longridefan.com/thepeaks/

20kmしか登れない坂バカへの挑戦状!
日本最強!最悪!のライドイベント『The PEAKS』
2014年9月、始動!

ありきたりで個性のないヒルクライムやロングライドなどのライドイベントが、スポーツサイクル人気を受けて次々に登場していますが、どれもこれも心が躍るトキメキと熱いチャレンジャースピリットを燃えさせてくれるような骨のあるイベントは残念ながらありません。

だからlongridefan.comがかつて日本には全くなかった新しいシリーズライドイベントをプロデュースします。 その名はThe PEAKS(ザ・ピークス)。普通のイベントのように「みんな頑張って完走しましょう!」などとは言いません。どんどん心折れてください。
リタイヤして負け犬となるか、それとも見事に試練に打ち勝ってフィニッシャーの栄冠を手にするか、日本で最も完走が難しいヘビー級山岳ライドイベントがいよいよ2014年9月にスタート!

今までのライドイベントとは全てが違います。エンターテイメントに徹底してこだわり、極上のクリエイティブと最高のホスピタリティーで参加者を挑発 し、満足させ、そしてリベンジに燃えさせる、日本ではじめてのブランディングされたライドイベントが生まれます。ぜひご期待ください。

The PEAKS 第一弾(Round1) 走行距離157km、獲得標高5,090m
往復ビンタ3発を含む5セットのアップダウン

——————————————————-